【 篠山市立篠山中学校 】

平成25年度新たな課題に対応した人権教育推進校としての取組

 

1 児童生徒の現状と課題

  人間関係が希薄になっており、人と人との直接的なコミュニケーションをとることが苦手な生徒やライン等を通しての交友関係や、自他のうわさ話を気にして早く情報を入手したいと振り回されている生徒が増加している。さらに、ネットと現実の2つの世界で人とつながるのがあたりまえの世界で生きている生徒もいる。

また、日々変化する新しい情報に教職員や保護者も追いつかない現状もあり、学校も正確な実態は把握できていない。このような中、友だちとのコミュニケーションのツールとしてスマートフォンの購入を求める生徒は確実に増えている。

  こういった状況を踏まえ、専門機関と連携し、保護者に啓発をするなど学校側から情報発信しながら教育を推進していかなければならない。さらに、困難な壁に立ち向かうことから逃げる生徒が増える中で、人を大切に思いやることを考えさせ、励まし、認めていくことで自信を持てるようにしていくことが課題である。

2 研究テーマ

「情報モラル教育を通し人権侵害事象について考え、自他の人権を守り、課題を解決しようとする生徒の育成」

3 ねらい

もっとも見えにくいネット上でのいじめを中心に、生徒たちの些細な言動から表情の裏にある心の叫びを敏感に感じる感性を高める。そして、生徒が人の痛みを思いやることができるよう人権意識の高揚を図る。

4 具体的な実践

 (1) 研究の概要

 (2) 各領域における取組

  ア 教科(国語)における取組

   ・取組の概要 ・読み物資料 

  イ 道徳における取組

   ・取組の概要 ・指導案 ・教材資料 ・ワークシート ・新聞記事等 

  ウ 特別活動における取組

   ・取組の概要 ・啓発DVDの概要 

  エ 総合的な学習の時間における取組

   ・取組の概要 ・生徒の感想

5 成果と課題

アンケートの実施、授業実践、講演会(2回)の実施とつなげることで、以前よりネットの利用の危険性を深く知ることができた。

・ネットで感情を伝えて誤解を多く生んでいる現実に葛藤し、相談に来る生徒が出てきた。

インターネット等に起因する心のすれ違いや危険を確認するなど、友だち同士で顔を合わせて会話する場面を見ることができた。

・自分の意志ではなく、ラインを通して知らない人とつながっていく広がり方、そして、今の投稿が自分の将来に大きく影響することを知り、自ら相談に来る生徒も出てきた。

・正しい使い方をしなければならないと意識を高めた生徒が大半で研究に取り組んできた成果を実感できた。