5月16日(火)きれいな花が咲いています

 この時期、草はいっぱい茂っていますが、花が少ないです。そんな中、中庭できれいな花を見つけました。紫色のランと書いて「紫蘭(しらん)」と言います。

【紫蘭(しらん)】
 日本自生種のラン。ラン科植物の中では、丈夫さはトップクラス。暑さ寒さに強く、放って置いてもどんどん増えるので、古くから庭などに植えられて、親しまれてきました。「七宝焼き」の接着剤としての用途もあります。作品の土台になる部分に、銀の線を貼り付ける工程があるのですが、そのときの接着剤として根をすりつぶした「白及糊」を用います。地下茎は「白及根」と呼ばれ、健胃のための生薬として煎じ薬にも使われます。地下浅いところの球状の茎(球茎)は、止血・収れん作用のある漢方薬として使われます。