6月13日(火)生徒が主人公の授業を目指します

 3時間目、兵庫県教育委員会丹波教育事務所の先生、篠山市教育委員会の先生を案内しながら授業を参観しました。すべての授業に共通していることは、生徒がとても落ち着いており、真面目で、話をよく聞いていることです。しかし、欲を言うならば、生徒の活動が少ないようにおもいます。篠山中学校は今年度、生徒の発言を大切にした、生徒が主人公の授業をめざしていきます。時間がかかるかもしれませんが、着実に前進をしていきたいです。

【篠山中学校が今年度目指す授業】

1 「目標(めあて)」の提示
    ※より具体的な目標 
    ※目標=振り返り
 
   「~を理解する」、「 ~に親しむ」、「~楽しむ」、「~を知る」
                   ↓
   「~ができるようになる」 「~を使って自分の生活を言える書けるようになる」
   「~を相手に説明できるようになる」  「~の問題が解けるようになる」

2 本時の授業の流れを提示 ※カード等で簡易で分かりやすく視覚支援

3 活動(作業)の時間(個人思考)

4 協同の時間(ペア・グループワーク)
  【約束】
    ・協同の時間の前には必ず個人思考の時間をつくる。
    ・グループワークは4人グループを原則とする。(男子だけ、女子だけのグループはつくらない)
    ・机はくっつける。
    ・役割分担を明確にする。(司会進行、記録、発表、時間、ムード係など)
       ※机の場所で教師が機械的に決めたり、カードを使って決めてもよい。
    ・協同の時間は教師は話し合いの支援をする。話し合いを遮らない。
    ・生徒が発表している時の目線、うなずきが重要である。
 
5 発表(表現)の時間
  【約束】
    ・教師への語りかけではなく、生徒への語りかけにする。(座席の工夫)
    ・ホワイトボード、視聴覚機器の使用で視覚に訴える発表などの工夫をする。

6 まとめ(ふり返り)
   ※目標(めあて)が達成できたかをチェックする。
   ※そのためにも目標(めあて)は具体的にする。
   ※発表をもとに本時に気づいたことを確認し、整理する。
   ※次の時間の学習を予告し、予習課題を与える。