7月28日(金)小中連携の取り組み

 午前9時より午前中、篠山中学校区の小学校・中学校の教職員が本校に集まり、「篠山中学校区小中連携夏季合同研修会」を開催しました。小中9年間のスムーズな「学びの連続」「育ちの連続」を目指して、年に1回小中の教職員が集まって研修をしています。第一部はカウンセリングマインド研修とて、本校のスクールカウンセラーが講師となり、「教員のメンタルヘルス~互いに支え合う教師集団へ~」をテーマに、講義とグループ討議を行いました。第二部は、分科会を行いました。学校運営の柱である生徒指導部会、学力向上部会、道徳教育部会、特別支援教育部会、健康安全部会の5部会に分かれ、各学校の情報交換並びに共通実践することについて話し合いました。