5月15日(火)篠山はクリンソウの群落地
> 5月15日(火)篠山はクリンソウの群落地
5月15日(火)篠山はクリンソウの群落地
篠山はクリンソウの群落地の一つです。特に畑地区や城北地区の山で見ることができるようです。城北畑小学校ではクリンソウを育てています。写真は城北畑小学校の児童が育てたクリンソウです。きれいに花が咲いていますね。

【クリンソウ(九輪草)】
クリンソウ(九輪草)は、日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年草。北海道、本州、四国の山間地の、比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生する。高さ30〜90cmほどになり、日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型である。10〜20cmほどの鋸歯を持つ葉のロゼットを作り、花季となる4〜6月にその中心から花茎が伸びる。花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。花の色は濃い紅紫色(径2〜2.5cm)が普通だが、ときにピンクや白、絞り咲きなどの変種も見られる。