7月10日(火)シラサギの巣
> 7月10日(火)シラサギの巣
7月10日(火)シラサギの巣
 昨日の帰宅途中、上河原町にある高い木が白くなっています。鳥の鳴き声も聞こえます。何だろうと思って近づいてみると、たくさんのシラサギが巣を作っているではありませんか。

【コロニー(繁殖のための群れ)】
 巣は見晴らしの良い高木性の樹の上に設け、コロニーを形成する。コロニーにおいては、特定の種が固まる性質はなく、同じ木にダイサギとコサギが巣をかけることも珍しくはない。コロニーは、天敵からの攻撃を防ぐために、河川敷などが選ばれることが多いが、近年は個体数の増加から、寺社林に形成する例も増え、糞害などが問題とされることがある。