3月31日(日)平成30年度最後の日

平成30年度の最終日となりました。めざす学校「さ・さ・や・ま」を合い言葉に取り組んだ今年度。生徒はもちろんのこと、教職員も本当に一生懸命に取り組んだ一年でした。大きな成果があります、課題もあります。ここで気持ちをリセットし、平成31年度(5月1日からは新しい元号となりますが)を新たな気持ちでスタートさせたいです。保護者の皆様、地域の皆様、卒業生の皆様、しっかり本校を支えていただきありがとうございました。心より感謝いたします。

【3月31日の篠山中学校】

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

篠中

3月23日(土)思いがけない贈り物

昨日の昼、生徒会3役から「お話をしたいことがあります」との伝言をもらいました。もっとしっかりしない、もっと生徒の意見を聴きなさい、もっと心の温かい学校にしなさいなど、生徒から厳しい指摘を受けるのではないかと思いながら校長室で待っていました。約束の時間に5人が校長室にやってきました。「先生、ここに立ってください」と言われ、立ちました。すると一人の生徒がある物を取り出して読み始めました。感謝状ではありませんか、それも私の名前をもじった素敵な感謝状です。その後、折り紙で作った花束もくれました。「この一年間十分なことができていないのに、こんな贈り物をもらうなんて」、私は次の言葉が出てきませんでした。こんな素晴らしい生徒たちに囲まれて仕事ができることの有り難さをしみじみと感じると共に、「もっと頑張らんかい!」と生徒たちに背中を押された気持ちになりました。

感謝状

3月22日(金)修了式~1・2年生に伝えたいこと~

 今日は平成30年度最後の登校日です。修了式では、校歌を歌い、各学年の代表に修了証を渡し、そして校長が次のように話をしました。

 

 平成30年度が終わろうとしています。この一年間、篠山市にも大雨洪水警報が発令されて学校が避難所になったり、日本全国で多くの自然災害が起こりました。自然の恐ろしさを再認識すると同時に、自然と向き合って生きていかなければならないことを実感する年でした。5月1日から平成の年号が変わり、篠山市が丹波篠山市に変わる大きな節目の年です。平成31年度、篠山市立は最後になる記念すべき年にみなさんはいます。
 一人一人の通知表を読ませてもらいました。担任の先生の愛情たっぷりの通知表です。この一年間、間違いなく心も、体も、考える頭も大きく成長しています。社会人となるべく、みなさんは着実に成長を続けているのです。
 この一年間、うれしかったこと、悲しかったこと・寂しかったことがあります。いくつかを紹介します。
【うれしかったこと】
①私よりも先に気持ちのよい笑顔のあいさつをしてくれた人がいたこと。
②授業中、先生の話や級友の話を聴き、黙々と学習に取り組んでいる人を見たとき。
③部活動の練習や試合で、大きな声を出しながら汗してプレーをする姿を見たとき。
④体育祭、文化祭で、クラスの心、学年の心、全校生の心が一つになっている瞬間を見たとき。
⑤3月8日に行った卒業式、卒業生はもちろんのこと、1・2年生の態度や歌が素晴らしかったこと。多くの来賓の方々に褒めていただきました。
【悲しかったこと、寂しかったこと】
①あいさつをしても、笑顔のあいさつが返ってこなかったとき。
②掃除の時間、おしゃべりに夢中で何もしていない人を見たとき。
③授業中におしゃべりをしたり、人に迷惑をかける行為をしているのを見たり聞いたりしたとき。
④友や先生を傷つける言葉や行為があったとき。
⑤教室の中に空席があるとき。
悲しいこと、寂しいことに出会ったり聞いたりしたときは、生徒のみんなはどんな思いでいるんだろう、今自分には何ができるのだろうかと常に考えていました。
 この二年間、めざす学校「さ・さ・や・ま」を合い言葉に取り組んできました。めざす学校を定着させるためにも、多くのことは望みません、次のことをやっていきましょうよ。
さ(爽やか)・・・気持ちのよい元気なあいさつをすること。
さ(支え合い)・・友が悩んだり困っていたら、「大丈夫だよ」「元気出して」「Don’t mind」と言えるクラス、学年、学校であること。
や(躍動)・・・・体育祭、文化祭で、クラス、学年、全校生が、心一つになった演技ができること。
ま(真面目)・・・掃除を黙々とやりましょう。
一つのことができたら、他のこともどんどんできるようになっていきます。すべてが「さ・さ・や・ま」につながっています。
 4月から新しい年度が始まります。大きな節目です。気持ちをリセットするときです。そのような中で、「自分には無理」「自分にはできない」「やったって無駄」「どうせ自分だダメ」、こんなことは思わないでほしいです。無理かはやってみないとわかりません、無駄なことは一つもありません、やろうと努力するにおおきな価値があります。最初から「できない」と決めつけないでください。みなさんにはチャンスがたくさんあります。
 最後に、この4月から新しい学校で学ぶ人もいます。お別れしなくてはいけないことはとても寂しいことです。どうか体に気をつけて、新しい環境の中で、学習、クラス活動、学校行事、部活動に取り組んでください。また篠中に来てくださいね。
 それでは1・2年生のみなさん、4月8日には気持ちをリセットして、笑顔で登校することを期待しています。

 

修了式

修了式

修了式

修了式