3月23日(土)思いがけない贈り物

昨日の昼、生徒会3役から「お話をしたいことがあります」との伝言をもらいました。もっとしっかりしない、もっと生徒の意見を聴きなさい、もっと心の温かい学校にしなさいなど、生徒から厳しい指摘を受けるのではないかと思いながら校長室で待っていました。約束の時間に5人が校長室にやってきました。「先生、ここに立ってください」と言われ、立ちました。すると一人の生徒がある物を取り出して読み始めました。感謝状ではありませんか、それも私の名前をもじった素敵な感謝状です。その後、折り紙で作った花束もくれました。「この一年間十分なことができていないのに、こんな贈り物をもらうなんて」、私は次の言葉が出てきませんでした。こんな素晴らしい生徒たちに囲まれて仕事ができることの有り難さをしみじみと感じると共に、「もっと頑張らんかい!」と生徒たちに背中を押された気持ちになりました。

感謝状

3月16日(土)川嶋あいさんのサイン色紙

卒業ソング「旅立ちの日に...」で有名なシンガーソングライター川嶋あいさんから「卒業おめでとう」のサイン色紙をいただきました。川嶋あいさんは毎年卒業サプライズライブを募集され、1校はサプライズライブ出演を、5校にはビデオメッセージと色紙を、20校には色紙が贈られます。2年前には、篠山東中学校の3年生を送る会でサプライズライブをしていただきました。今回、サプライズライブ、ビデオメッセージはダメでしたが、色紙が見事に当たりました。残念ながら卒業式には間に合わず、3月12日に送られてきました。色紙にはサインと共に「DEAR 篠山中学校の皆様 卒業おめでとう~」と書かれています。職員室横の廊下に掲示していますので、皆さんぜひともご覧ください。

3月9日(土)卒業生に伝えたいこと

卒業生に贈ったメッセージを紹介します。卒業式の式辞の一部です。

【卒業生に伝えたいこと】

皆さんの輝かしい門出にあたり、最後のメッセージを贈ります。

昨年、大リーグのイチロー選手が、イチロー杯野球大会の表彰式で、次のように述べました。
「自分ができると思ったことは、必ずできるとは限らないけれど、自分ができないと思ってしまったらそれは絶対にできません。周りには、できないということはあるけれど、それでも自分が頑張っていたら、最後はできることがたくさんあります。自分の中で自分の可能性を決めないでください」

皆さんは、尊い生を受け、多くの人の愛情と支えを受けながら十五年間生きてきました。皆さんは、これから多くの人と出会い、多くの成功体験や失敗体験をしながら、新しい自分と出会い、成長を続けていきます。夢や目標が必ず実現するとは限りません。むしろうまくいかないことの方が多いかもしれません。そんな時、「自分には無理」「自分には力や素質はない」と思い込んでしまったら、それで成長はストップします。だから努力を続けてほしいのです。

篠中の多くの先輩たちは、都会人のような華やかさはなかったにしても、誠実に、真面目に、正直に、粘り強く、目の前のことに真摯に取り組んできたからこそ、世界、日本、ここ地元で活躍し、信用を勝ち得てきたのです。どうか皆さんも、篠中人として、志を持ち、自らの命を大切にし、篠山の温かい心を持って、自らの可能性に挑戦しながらこれからの人生を生きてください。もし挫折することがあれば、篠山の空気を体いっぱいに吸ってみてください。心から皆さんの健康、成長、そして活躍を期待しています。

卒業式

卒業式

卒業式

3月1日(金)高校の卒業式に感動!!

篠山市内3高等学校の卒業式に出席をしました。3高校とも規律正しく、感動的で、思わず涙するぐらい素晴らしい式でした。何と言っても呼名に対する一人一人の返事が素晴らしくかっこよかったです。中には指先まで伸びている生徒も。そして、感動的な答辞。苦しく辛かった時、それを支えてくれた友だち、先生、そして家族に対する感謝の気持ちを述べていました。涙する生徒に私たちも涙がこぼれました。最後は校歌斉唱。高校生がここまで歌うのかと感心をしました。

私が高校を卒業したのはもう42年前。卒業式のことはあまり覚えていません。式に対して真面目に取り組もうという気はなく、機械的で、規律正しいことに反発する気持ちもあったように思います。今の高校生はやっぱり真面目で素直で純朴ですね。私は3高校を誇りに思います。

最後に、卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます。みなさんの前途に幸多かれとお祈りいたします。保護者の皆様、おめでとうございます。

2月8日(金)明日私立高校を          受験する3年生へ

進路決定に向けて初めての試練となる私立高校受験、いよいよ明日です。受験前にインフルエンザが大流行したらどうしようと心配していましたが、3年生は本当によく踏ん張っています。さすが明るさ、元気さ、真面目さが取り柄の3年生ですね。明日の入試どうしようと緊張と不安でドキドキしている3年生に何回か入試を受験してきた私からアドバイスをします。

①いつも通りが一番大切
 決して特別なことはする必要はありません。前日に特別なものを食べたり、特別な勉強をしたり、特別な遊びをしたりな ど、一切特別なことをせずにいつも通りのことをしましょう。
②準備は前日に
 入試に必要なものは分かっていますね。前日の夜にカバンに入れ、寝る前にもう一度チェックをしましょう。
③時間には余裕を持って
 集合時間、電車の時間は分かっていますね。集合時間の10分前には到着するようにしたいですね。お家の方に篠山口駅まで送ってもらう人が多いと思います。道路が混んでいたり、何が起こるか分かりませんから、早い目に家を出られるようにお家の方と打ち合わせをしておきましょう。
④周囲の生徒は賢そうに見えるもの
 高校に行けばたくさんの中学生が集合しています。みんな賢そうに見えるんです。中にはひたすら勉強している人もいます。心配は無用。あなたの方がしっかりしているし、力もあります。自信を持ちましょう。
⑤試験だけが入試でない
 ペーパーテスト、面接だけが入試ではありません。高校に入ってから高校を出るまで、これが入試です。大きな声を出したり、落ち着きのない行動、乱暴な行動は話になりませんね。特に、面接が終わった後にホッとして友だちと大きな声を出したり、入試が終わった後に高校の校門付近で大騒ぎをする行動をみなさんはどう思いますか。
⑥分からないことは聞く
 何かを忘れた、どうしたらよいのか分からない、どこへ行けばよいのか分からないなど、心配なことや不安なことがあれば引率の先生や高校の先生にたずねましょう。一人で悩まずに。
⑦最後に
 受験する3年生のみんな、大丈夫だよ、何とかなるよ。

入試

 

 

2月7日(木)面接で教えてもらったこと

いよいよ私立高校の入試が2月9日(土)、公立高校推薦・特別選抜入試が2月15日(金)に行われ、3年生は緊張の毎日を送っています。2月4日(月)・5日(火)に推薦入試を受ける生徒の模擬面接を行いました。「将来の夢は何ですか?」と尋ねると、「英語の先生になりたいです。」と答えました。「先生に求められれるのはどんな力だと思いますか?」と尋ねると次のような答えが返ってきました。

「一つ目は、教えるだけの知識を持っていなければなりません。二つ目は、生徒と積極的にコミュニケーションを図り、生徒の内面にあることを理解する力です。三つ目は、ダメなことはダメとはっきり叱ることができる力です。」

何てしっかりしているのでしょう。教師のあり方について生徒から教えてもらいました。

面接

2月6日(水)ほのぼのとした気分に

3年生の学級通信を読みました。ほのぼのとした気分になったのは私だけでしょうか。

良い雰囲気ってなんだ?

「今週もクラスで良い雰囲気を作っていきましょう。」と言う人がいる。
インフルエンザ予防のため、寒そうなみんなをよそに窓を全開にする人がいる。
兄弟がインフルエンザにかかっているのに、かからずに持ちこたえている人がいる。
面接に向けてチャレンジノートに何度も文章を書き直して練習する人がいる。
前に立つ人の顔をまっすぐ見て話を聞く人がいる。
卒業カレンダーにクラスへの思いをぎっしり書く人がいる。
自分の仕事じゃないのに、黒板消しの仕事を手伝う人がいる。
ドラマ「3年A組」のあらすじを必死に説明する人がいる。
欠席者の机の中にも丁寧にプリントをそろえて直す人がいる。
卒業式の歌の練習を楽しみにしている人がいる。
休み時間も必死に問題を解きまくる人がいる。
自分の進路が決定しても周りのことを考えて行動する人がいる。
自主的に「給食を残さずに食べましょう。」と呼びかける人がいる。
日記にクラスのみんなの良いところを一人一人順番に書いてくる人がいる。
雑巾をこだわってきれいにかけ直してくれる人がいる。
朝からしんどそうな様子で心配です、とクラスメイトを気遣う人がいる。

 

「きょうの図書室の放課後貸し出しは・・・ありません。」と言う人がいる。
「ないんかい!」とつっこむみんながいる。
「みんな図書室行こう!」と声をあげる人がいる。
「行こう!」と拍手をするみんながいる。

 

良い雰囲気ってなんだ?

3年2組

1月20日(日)決して人ごとではない

 阪神・淡路大震災から24年が過ぎました。今年も1.17の様々な行事を通して、「教訓を伝える、活かす、備える」ことを再確認しました。私は本校の職員から地震災害についてのプリントをもらいました。篠山市で発生が予想される地震による震度(揺れ)の程度を想定したマップ、篠山市における被害想定が載っています。決して人ごとではないことがこのショッキングなデータから分かります。

 

【篠山市の震度想定・被害想定】
 〇南海トラフ巨大地震(海溝型)最大震度 5強
   ・建物被害  全壊戸数2 半壊戸数65
   ・人的被害  死者1 負傷者4 避難者43

 

 〇御所谷(ごしょだに)断層帯地震(内陸型) 最大震度 6強
   ※御所谷断層帯:篠山市の中心地から国道372号線に沿って加東市までに存在する断層帯
   ・建物被害  全壊戸数425 半壊戸数3197
   ・人的被害  死者26 負傷者195 避難者数2507

1月18日(金)期待しています

1月13日に行われた丹有地区中学校バレーボール選手権で見事に3位入賞を果たし、2月に行われる県大会への出場権を獲得した男子バレーボール部。そんな男子バレーボール部が校長室にやって来ました。みんな笑顔です。良い表情をしています。一人一人に県大会に向けての抱負を述べてもらいました。「ミスを減らしたい」「あまり試合には出ていないけれど、出たときには力いっぱいプレーしたい」「どんなボールもオーバーハンドパスでトスを上げたい」「速攻をたくさん決めたい」「2段トスをていねいに上げたい」「サーブカットのミスを減らしたい」「声をしっかり出したい」「ベンチから大きな声で応援したい」・・・。部員たちはとても謙虚です。自分たちはすごい力を持っているんだ、どこにも負けない力があるんだという自信を持って県大会に臨んでほしいです。伸びしろがたくさんある期待できる男子バレーボールです。

男子バレーボール部

1月10日(木)落ちない葉っぱ

受験シーズンがやってきました。今朝のテレビのニュースで、「必勝!落ちない葉っぱ ヤマコウバシ」を取り上げていました。広島市植物公園では、公園内にある「枯れても落ちない葉っぱ」のヤマコウバシを合格祈願として販売をしているということでした。日本人は縁起担ぎが大好きですね。

「枯れても落ちない葉っぱ」は篠山中学校の中庭にもあるんです。コナラです。篠中の3年生は、「枯れても落ちない葉っぱ」コナラに守られています!!安心して受験に臨んでほしいですね。

コナラ

コナラ

コナラ