ダンスリーダー

文化祭では、①学級全員で取り組めること、②授業の成果の発表の場であること、③安全安心に取り組めることから、昨年度より、学級発表にダンスを取り入れています。2学期早々にダンスリーダーを決め、リーダーが原案を考え、学級を指導する方式をとっています。体育の授業で練習が始まりましたが、初めて経験する1年生も楽しくてきぱきと練習していました。

〇来週から体育祭練習が始まります。昼休みにはクラスの旗をつくっています。

〇2年生国語の授業では、My枕草子を作成してプレゼンテーションを行いました。

新人戦に向けて

9月25日(土)・26日(日)に開催される新人大会に向けて、2年生は終学活の時間に壮行会を行い、部活動キャプテンが決意を述べました。新チームになってからの努力、仲間との協力やチームワーク、支えてくれた人への感謝、そして、コロナ禍の中、大会ができることの喜びなど思いを語りました。

体育祭ポスター

9月30日に延期した体育祭に向けて、夏季休業中に作成したポスターの優秀作品を生徒玄関に掲示しました。今週末には新人大会が行われ、行事が目白押しですが、安全・安心な環境を確保する中で、協力することにより仲間の絆を深めてほしいと思います。

全国学力・学習状況調査について

令和3年5月27日実施された全国学力・学習状況調査について、3年生に個人票を配布しているところですが、本校の特徴的な状況を下記の通りまとめています。(クリックしてください)

令和3年度全国学力・学習状況調査について

◎教科の調査では、課題のある領域、問題については全国的な状況と概ね同様の傾向が見られます。
【国語】
相手や場に応じて敬語を適切に使うことが良好な一方で、「書くこと」で、特に意見文を推敲する場面において,語句や文の使い方,段落相互の関係について考えることに課題が見られました。
→読み手の立場に立ち,自分が書いた文章について捉え直し,分かりやすい文章に整えるなど、授業のまとめ、振り返りの場面で推敲、修正、改善等の作業の充実を図ります。
【数学】
中央値や、括弧を外して同類項をまとめるなど概ね基礎的事項は定着していますが、事実や方法、理由などを説明することに課題が見られました。
→文字を用いて計算結果を事象と関連付けて読み取る。常に成り立つ事柄を見いだし、数学的に説明する。数学的な表現を用いて判断の理由を説明するなど、数学的用語による記述及びその修正の活動の充実を図ります。

〇学習・生活に関する質問では、大半の生徒が、朝食を毎日食べ、就寝起床も規則正しく過ごしていますが、ゲームなどの使用時間が増え、家庭学習時間や読書時間が減少しています。一方で、予習・復習を含め自分で計画を立てて学習している生徒が多い傾向があり、予習や復習の課題を具体的に出すなど、家庭学習の支援を具体的に進めていきます。
〇自分には良いところがある。将来の夢や目標がある。など自己肯定感が高い傾向が見られ、地域行事の参加率が高い傾向が見られます。新型コロナウイルス感染予防に配慮しながら、引き続き、地域人材の導入を進め、達成感や将来展望を見通せる教育活動の充実を図ります。
〇「対話」を核にした授業づくりでは、相手の考えを最後まで聞き、受け止めて、自分の考えをしっかり伝えるなどの活動は定着してきていますが、表現を工夫することや考えを深めることには課題が見られます。授業の目標と流れを提示して授業を行っていますが、「何についてどのように考え表現するのか」をより明確に提示して「思考が深まる効果的な対話」の授業を進めるとともに、「修正」「遂行」など対話で学んだことを振り返り、学びを深める授業改善を進めます。
〇ICTを活用した授業の実施について、全国と比べ高い実施率にあります。

3年生理科

道徳ローテーション授業

道徳の授業は、学年教師が交代で全てのクラスを担当し、教材を順次行っていくローテーション授業を行っています。ディベートあり、ロールプレイあり、様々な工夫をしながら、道徳的な判断力、心情、実践意欲などを育てる取組を進めています。

秋の日は釣瓶(つるべ)落とし

秋の日は釣瓶(つるべ)落としともいいます。「釣瓶」とは、井戸から水をくむために縄などにつけた桶のことです。秋は日の暮れるのがどんどん早くなっていくことを、井戸の釣瓶が落ちる速さにたとえた言葉です。
最近は曇りの日だと夕方6時前にはずいぶん暗くなってしまいます。間もなく交通安全週間が始まります。2列並進など学校では交通安全をくり返し指導しています。ご家庭でも交通マナーについて一緒に考えてみてください。

〇卒業アルバムの撮影を順次行っている様子です。密のさけてとれる場面を工夫しています。

生徒会募金活動

新型コロナウイルス感染拡大のため、校外の活動が制限されています。生徒会もコロナウイルスが拡大する前は、様々なボランティア活動への参加していましたが、ここ2年ほどは実施が難しい状況です。そんな中ですが、生徒会三役が相談し、7月にあった丹波篠山市の大規模火災への募金を下校の時間帯に行っています。

〇秋の香りいろいろ 校舎内に咲いている花、飼育されている魚、農園の農作物など、ほっとする光景を紹介します

秋の訪れ

篠山盆地の稲刈りも進んできて秋の深まりを感じます。「秋」は「ノ木偏」と「火」からできており、こくもつを火でかわかすという意味になるそうです。4月からの取組の成果がでる収穫の秋です。新型コロナウイルス感染防止対策のため、様々な行事が形態をかえましたが、日頃の授業や部活動の積み上げを発表する場として目標を持って取り組んでほしいと思います。
大会4週間前の部活動は、消毒や集合時のマスク着用など感染症対策を行った上で、平日2時間以内、土日いずれか3時間以内で活動再開です。秋空のもと、久々の活動に汗を流しました。(練習試合は緊急事態宣言が解除されるまで実施できません)

緊急事態宣言が延長されたことを踏まえた対応について

兵庫県の緊急事態宣言が9月30日まで延長されることを踏まえ、9月13日から9月30日までの感染防止対策に係る通知が丹波篠山市教育委員会からありましたのでお知らせします。通知の主な概要は以下の通りです。(赤字は学校の対応です)
緊急事態宣言が延長されたことを踏まえた対応について(丹波篠山市教育委員会通知)

1 体育祭について
大人数を呼び込むような校内行事は見合わせます。体育祭についても、原則、実施を見合わせます。ただし、密になる種目を削減するなど内容等を精選した上で、分散開催や学年単位にするなど小規模にして実施することは可とします。
→10月には中間テストや丹有地区新人大会、わくわくオーケストラ教室、修学旅行、文化祭など多くの学校行事が予定されていることから、体育祭は9月30日の実施とし、練習段階から集団を分散して感染対策を行うため、学年ごとに実施することといたしました。
篠山中学校体育祭代替行事について(お知らせ)

2 部活動について
原則、休止。ただし、公式大会への参加及び参加に向けた活動に限り、大会初日から起算して4週間前から最小限の活動を可とします。(文化祭、定期演奏会等も大会と同様に扱う)実施場所は自校のみ、練習試合は行わない、活動日及び時間は、平日(4日)で2時間以内、土日のいずれか1日で3時間以内とします。
→各部活動の大会等にあわせて上記の通り実施します。

3 修学旅行について
兵庫県が緊急事態措置区域から除外されるまで、実施を見合わせます。
→9月23日・24日の修学旅行は延期。全国的に感染拡大が進んでおり、100人を超える集団が安全に宿泊行事を行う行程・場所を確保することが難しいため、昨年度同様日帰りにて実施できるよう調整しています。
 10月29日(金)
 ユニバーサルスタジオジャパン(パーティパック)  
3年生修学旅行について(お知らせ)

体育祭選手決め 再び

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る緊急事態宣言が延長される報道がなされています。10月には中間テストや丹有地区新人大会、わくわくオーケストラ教室、修学旅行、文化祭など多くの学校行事が予定されていることから、体育祭は9月30日の実施とし、緊急事態宣言が9月末まで延長された場合は、感染予防として集団を小さくし、学年ごとに実施することを計画しています。詳細については、緊急事態宣言の延長に伴う教育委員会通知がなされた後にお知らせします。
また、大きな声や集団が密になるような綱引き、大縄跳び競技は取りやめ、段ボール運搬リレーや男女混合リレーなどの種目を増やしたため、本日は選手決めを再び行いました。3年生の応援合戦については、新型コロナウイルス感染症の収束状況をみて学年行事として実施します。このような状況の中ではありますが、生徒たちの貴重な教育活動や体験を、感染症対策をとりながらできる限り実施していくための対応となりますこと、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。