文化祭リハーサル

文化祭に向けて、リハーサルを行いました。合唱及び創作ダンスの入退場を確認しました。また、合唱は、他のクラスの合唱を聴いた上で、あと2日間の練習でどうしあげるか考えるために、実際に歌ってクラス間の交流を図りました。
※合唱は、感染症対策として、小学校からひな壇を借りて、舞台を拡張し、生徒間の距離を十分確保しています。また、マスクをして合唱しますが、4月からマスクしていても歌える方法を練習しています。

PTAあいさつ運動

毎木曜日に行っているPTAあいさつ運動。今日は2年3組の保護者の方にお世話になりました。少し寒さが増してきましたが元気に挨拶をかわしていただきました。

今後の学校園の教育活動について 市教委通知

9月30日をもって緊急事態宣言が解除されて以降、兵庫県内における新規感染者数は減少し、ステージⅢからすべての項目が下回る状況になりました。このことを踏まえ、県内に発出されていました規制について、本日をもって飲食店等の時短要請等は解除となりましたが、今後とも感染再拡大に十分警戒する必要があるため、引き続き基本的な感染対策の徹底に加え、国の方針に基づくイベント開催制限等が求められています。
このことを踏まえて、市教委より別添のとおり通知がありましたのでお知らせします。
今後の学校園の教育活動について (令和3年10月22日時点)市教委通知

ご家庭にお願いする感染症対策等は前回通知と同じです。引き続きよろしくお願いします。部活動について、県外の活動や、学校関係者(教職員、部活動支援員等)以外の者(保護者、OB等)の参加の見合わせが10月14日(木)で解除されています。

丹波篠山市中学校駅伝競走大会

10月20日(水)、丹波並木道中央公園において、丹波篠山市駅伝競走大会が行われました。陸上競技部に、他の部活を引退した3年生を加えて、男子6名、女子5名のチームを編成し、力走しました。
男子準優勝、女子優勝、区間賞は男子は1区、6区、女子は1区、2区、3区、4区となりました。来週10月27日には、丹有地区駅伝大会が開催されます。

あいさつ上手 全校集会の話

文化祭練習がスタートし、どのクラスも主体的に取り組んでいます。

-19日 全校集会の講話(要約)-
「あいさつ」の「あい」という漢字は、心を開く、「さつ」という漢字は、その心に近づくという意味があります。つまり、「あいさつ」とは、まず自分の心を開くことで、相手の心を開かせ、相手の心に近づいていくということなのです。「あいさつ」は、人間関係をスタートさせるための大切な言葉なのです。
「あいさつ上手な人ほど、愛される!」将来、どんな仕事をするにしても人と関係をもたいないですむ仕事はありませんし、誰もが新人からスタートします。そして、人から愛される人は、仕事を順調に進められます。
あいさつは、将来の自分のために、自分からするように習慣づける。このことを部活動だけでなく生活で意識してください。

読書感想文コンクール 人権作文コンテスト

表彰の記録をお知らせします。
〇読書感想文コンクール
特選 「人を大切に生きる」3年生女子
入選 「『友だち』とは何か」3年生女子
〇全国中学生人権作文コンテスト兵庫県大会丹波地域予選
(最優秀賞)
「HAPPY WORD~笑える言葉は世界を救う」
2年生男子(県審査会へ)
(優秀賞)
「LGBT~普通とは~」 2年生女子
「自分にできる小さな行動」1年生男子

文化祭練習始まりました

本年度の文化祭は、テーマ「支えあい 学びあう」、生徒会テーマ 「ALL FOR ALL」のもと、学年毎に合唱及び創作ダンスコンクールを開催する予定です。今年の生徒会テーマの趣旨、『人は一人では生きていけない。学校生活でも、互いに支えあい、学びあっている。その「支えあい」や「学びあい」は、周りの人のためになっている。』に基づき、クラス活動に取り組んでいます。

創作ダンス練習

文化委員長がテーマ・内容などを説明しました

創作

芸術の秋、学習の秋です。学習の様々な場面で、創造力を発揮して、新しいものを生み出しています。
〇明日から丹有地区新人大会です。多くの部活が出場しますが、あせらず、あわてず、あなどらず力を発揮してほしいと思います。